読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクセス数に見る株式市場の過熱感

角山智さんという個人投資家を、堅実なバリュー投資家として尊敬しています。パーシャル・オーナーというサイトを運営されていますが、2003年からの月別アクセス統計を公開してくれています。このアクセス統計を個人投資家による株式市場への興味のバロメーターと考えることができるのではないでしょうか?

まず、過去20年ほどのTOPIX推移です。1800円で見事に頭を押さえられています。バブル以降の失われた25年とやら、株式グラフにすると一目瞭然です。

f:id:tictactaka:20160911221411p:plain

これを、アクセス数と比較します。

f:id:tictactaka:20160911222639p:plain

一つめのピークは2006年3月。まさに、TOPIXが急上昇をして高値をつけたタイミングと同じです。

f:id:tictactaka:20160911223711p:plain

f:id:tictactaka:20160911224031p:plain

過去5年のアクセス数を見ると、2014年9月に5万を超えてから横ばいになっています。しかし、TOPIXは2015年8月まで上昇を続けてようやく調整をはじめます。角山さんのサイトが人気を失った可能性はありますが、今でもブログは頻繁に更新されているのでその可能性は低いと仮定します。

ヤフーファイナンスのアクセス統計などあれば、かなり正確に投資家心理を測れるかと思います。角山さん、ありがとうございます!