読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IPO数から見えること

今日の日経新聞に次のような記事がありました。

www.nikkei.com

日本には東京・名古屋・福岡・札幌という4つの現物株式取引所があり、上場企業は約3650社あります。上場企業の97%が東証に上場しており、うち約2000社が東証1部にいます。日本の取引所とは、ほぼ東証のことなのです。

f:id:tictactaka:20160926105535p:plain

2015年に東証へ純粋IPO(テクニカル上場、他取引所からの上場を除く)した企業は90社ありました。うち、2/3の60社がマザーズへ上場しています。マザーズに上場した企業が成長し、東証1部や2部へ指定替えされるというのが一般的な流れです。

f:id:tictactaka:20160926105859p:plain

日本の資本市場の活性度を測るには、マザーズへのIPO社数と、マザーズから本市場(1,2部)への指定替え社数を見ると良さそうです。

f:id:tictactaka:20160926111209p:plain

f:id:tictactaka:20160926111223p:plain

f:id:tictactaka:20160911221411p:plain

多くの人が投資意欲を失っているときは資金を集めにくいので、IPOを控えます。多くの人が投資したくないと思っているということは、株式市場も割安に放置されている可能性が高く、投資するチャンスです。

TOPIXの値動きとIPO・指定替え社数を比べると、IPO社数が底を打つタイミングは投資の適期だと言えそうです。現在はというと、2015年に市場も、IPOも指定替えもピークをつけたようです。歴史が繰り返すのであれば、8年サイクルで動いています。2017年が投資チャンスとなるでしょうか?