売買ルール(まとめ)

これまで、4つの売買ルールを紹介してきました。

(1)いくらで買うか
(2)何株買うか
(3)どのように注文発注するか
(4)いつ売るか

これまで株式投資を6年くらいやってきましたが、ようやくこの半年くらいになって売買ルール作りの重要性に気づきました。市場が動くたびに、「売るべきか?何株売るべきか?もっと買うべきか?何株買うべきか?」とその都度考えていると悪い判断をする確率が増えますし、なにより疲れます。ルールを決めたことで、意思決定がとても楽になりました。これからは、個別の投資判断ではなく、ルールをより良いものにしていきたいと思っています。

売買ルールの参考資料として、以下の2冊がお薦めです。

 読者のみなさま、よい週末をお過ごしください!