調査対象銘柄の探し方(3)

チャーリー・マンガ―は3つの対象銘柄発掘方法を推奨しています。
(1)有能な投資家の真似をする
(2)自社株買いしている会社
(3)スピンオフ

今回は、(2)について考えてみます。

自社株買いは、企業が市場で自分の会社の株式を購入することを指します。なんでこんなことをするのでしょうか?株価は、一株あたり利益(EPS)x 株価収益率(PER)の2つに分解することができます。EPSは、利益 / 発行済み株式数 です。つまり、自社株買いをする → 発行済み株式数が減る → EPSが上がる → 株価が上がる とつながっています。

自社株買いは配当と並ぶ株主還元の重要な手段ですが、日本では残念ながら、自社株買いを行う会社は少ないです。日興アセットマネジメントのレポートによれば、2015~2016に自社株買いした企業は180社。上場企業が3500社あることを考えると、ほんの5%程度です。

f:id:tictactaka:20161005103348p:plain

継続的な自社株買いをするということは、(1)本業からフリーキャッシュフローを生み出せている(借入して自社株買いする場合を除きます)、(2)株主還元意識が高い、という2つが言えると思います。

最後に、ダイヤモンドオンラインの記事に年別の自社株買いの状況がまとめられています。

f:id:tictactaka:20161005103748p:plain

企業は先行きの見通しがよいときに自社株買いする傾向にあります。でも、そういうときは世の中全般が楽観的であり、株価も高いことが多いです。株価が高いときに自社であれ他社であれ株を買うのは、好ましくありません。2009年のように株価が安いときに積極的に自社株買いできる企業はとても優れていると思います。

自社株買いしている企業のみなさま、ありがとうございます!