バフェットの法則よりーチェックリスト(その1)

株で富を築くバフェットの法則の著者は、Roberg Hagstrom氏。Legg Masonという投資信託を運用していた方です。ネットには、Robert Hagstrom氏の運用実績は1995年から年率6%とS&P500と変わらなかったという記述もありました

チェックリスト(その1):シンプルで理解できる事業か?

バリュー投資は、企業価値を見積もり、市場価格と比べる投資手法です。企業価値を見積もるためには、その事業の理解が必要です。

例えば、飲食店事業として吉野家の価値を見積もるためには、どんな質問に答える必要があるでしょうか?

1、既存店売上はどうなるか?松屋すき屋に対して競争力を維持できるのか?外食産業の中での牛丼の立ち位置はどう変わるのか?

2、牛肉の仕入れ価格はどう変わるか?
3、出店余地はどれくらいあるのか?
4、店舗運営人員を確保できるか?

このうち、私は3、4には自信を持てる気がします。2については過去の価格推移から推定できるかもしれません。1については、一番自信がないです。私は牛丼のヘビーユーザーではないし、どうして吉野家で食べるのかという理由に対して、明確な理由が思いつきません。牛丼業界は参入障壁が低く、差別化が難しい業界に感じてしまいます。

ところが、牛丼や外食業界に詳しい方であれば、全く別の世界が見えるかもしれません。例えば、吉野家は原材料調達能力が高く仕入れコストを構造的に抑えて差別化できる。または、業界トレンドとして、行き過ぎた健康ブームが反転して牛丼などファストフードにトレンド回帰している、など。このような流れが明確に見えている方にとって、吉野家は高い精度で企業価値を算出できるのかもしれません。

このように、シンプルな事業かどうかは、投資家の立場によっても変わります。自分自身にとってのシンプルな事業を見つけましょう。

 

牛丼チェーンの歴史について、下の記事がよくまとまっています。

gendai.ismedia.jp